認知症高齢者等見守りQRコード活用事業について

認知症高齢者等見守りQRコード活用事業を実施しています

町では、徘徊をする方が外出し、「行方不明になった」又は「警察等の関係機関で保護された」ときに、早期に身元が判明できるように「QRコード」を交付しています。

対象となる方

亘理町にお住まいで「認知症、その他の疾患により徘徊のおそれがある方」(障がい者の方も含む)

事業の流れ

  1. 家族等が地域包括支援センターの窓口で申請書を記入し、緊急連絡先等を登録します。
  2. 約2週間後シールが自宅に郵送されます。そのシールを衣服や持ち物にシールを貼りつけます。
  3. 徘徊して保護された時に発見者がQRコードを携帯端末で読み取ります。
  4. 発見者が画面に表示されたコールセンターに電話し、利用者IDを伝えます。
  5. コールセンターから登録された緊急連絡先に連絡が入り、家族等が迎えに行きます。

詳しくは下のファイルをご確認ください。

利用料金

登録時に登録料として1,100円(税込)
その後、年度毎に更新料として1,100円

※年度毎に新しいシートを1枚送付します。
※その他に追加配布を希望する場合は利用者負担となります。

利用手続きについて

地域包括支援センターまたは担当のケアマネジャーにご相談ください。
※申請受付後、交付までに2週間程度かかります。

町民のみなさまへ

QRコードを身につけた方を保護された時には、早期発見のためにご協力をお願いいたします。

QRコードの例
ベルトの実用例
靴の実用例

申請書

下記のファイルをダウンロード印刷をしてご使用ください。

お問い合わせ先

長寿介護課/地域包括支援センター

電話番号: 0223-34-1331

FAX番号:0223-34-1361