熱中症を防ぎましょう

熱中症とは

  • 熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもる状態をいいます。
  • 立ちくらみや筋肉痛、大量の発汗、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害やけいれんなどが起こります。
  • 屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては亡くなることもあります。
  • 特に乳幼児は体温の調節能力が十分に発達していないため、気を配る必要があります。また、高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能やからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。

熱中症の予防方法

  • 熱中症を予防するためには、暑さを避けることが最も重要です。不要不急の外出はできるだけ避け、体調が悪い時は無理せず自宅で療養しましょう。
  • のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分・塩分を補給しましょう。
  • 昼夜を問わず、扇風機やエアコンで部屋の温度を調整しましょう。節電を意識しすぎるがあまり、無理をなさらないようにしましょう。
  • 屋外では、日傘や帽子の着用し、こまめな休憩をとりましょう。
  • からだの蓄熱を避けるために、吸湿性・速乾性のある通気性のよい衣服を着用しましょう。

新型コロナウイルス感染対策を踏まえた熱中症の予防方法

  • マスクの着用により、皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなることで熱中症のリスクが高まります。
  • マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避けましょう。
  • 体調に応じて、屋外で人と十分な距離(2m)が確保できる場合には、マスクをはずしましょう。
  • 新型コロナウイルス感染予防のため、エアコン使用中も、換気を行う必要があります。窓やドアの解放によって室内温度が高くなるので、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

環境省・厚生労働省のリーフレットはこちらです。

お問い合わせ先

健康推進課/健康推進班

電話番号:0223-34-0524

FAX番号:0223-34-1361