事業目的

  既存瓦葺屋根の改修又は強風及び地震により被害を受け復旧を行う際、屋根全体を「瓦の緊結方法に関する新基準」に適合させる改修又は、金属屋根等へ葺き替えを行う場合に費用の一部を補助し、防災対策事業の一環として災害に強い屋根構造とするものです。

対象者

  • 既存屋根が瓦葺となっている建築物の所有者
  • 強風及び地震の被害により屋根瓦が破損した建築物の所有者

要件

  • 既存の瓦葺屋根が新基準に適合していないもので、屋根全体を新基準に適合するよう改修すること。
  • 強風及び地震の被害により屋根瓦が破損した部分を含めた屋根全体を新基準に適合するよう改修すること。

 ※令和3年2月13日以降に着手したもの

 ※今回は破損した部分のみの補助申請をするが将来的には屋根全体を新基準に適合させるため、段階的に実施する場合

  • 既存の瓦葺屋根が新基準に適合していないもので、屋根全体を金属屋根等へ改修すること。

補助額

  改修補強する部分の屋根面積(m2)に2万4千円を乗じた額又は見積金額のいずれか低い額に23%を乗じた額(m2当たり5,520円)を補助し、補助金上限額55万2千円

受付期間

  令和3年6月22日~令和4年1月31日まで

 ※令和4年度以降も継続して実施する計画としている事業となります。

申請時必要書類