「文豪たちの筆跡 ~江戸清吉コレクションの原稿・手紙・短冊~ 」

 今回の展示会では、夏目漱石の「文鳥」原稿などを含んだ明治から昭和にかけて活躍した著名人たちの直筆原稿や手紙、短冊を展示します。
展示する資料は、東日本大震災後の荒浜地区で行った文化財レスキューで救出されたもので、資料の収集者である江戸家の四代目江戸清吉氏の名前をとり、「江戸清吉コレクション」と呼ばれています。原稿、手紙、絵画など資料の種類は多岐にわたり、総点数は3,000点にものぼります。
今回はその中から原稿、手紙、短冊にスポットを当てて展示します。夏目漱石のほか、芥川龍之介や川端康成など、学校教材に登場するような著名人の資料を公開するとともに、救出された資料の研究から判明したことやレスキュー資料の修復についても紹介します。

期間
2月17日(土曜日)~3月18日(日曜日)
開館時間
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日

2月:19日、23日、26日
3月:5日、12日

会場
亘理町立郷土資料館 企画展示室
観覧料
一般・大学生:100円(団体70円) 高校生以下:無料
※団体料金は20人以上 
※常設展示(別途観覧料)を観覧の方は無料になります。
※障害者手帳を提示の方は、本人および付き添い者の観覧料が半額になります。
開催期間中のイベント

◆亘理伊達家の雛人形展示
常設展示室に石川家伝来の亘理伊達家の雛人形を調度品とともに展示します。
期間:2月18日(日曜日)~3月4日(日曜日)

◆「ひなまつり」記念無料観覧日
 ひなまつりを記念して、郷土資料館の常設展示および開催中のテーマ展の観覧料を無料
とします。
日時:3月3日(土曜日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

お問い合わせ 

 亘理町立郷土資料館(生涯学習課文化財班)
TEL:0223-34-8701
FAX:0223-34-8709

 

 

 

ぷれいすぽっと