令和元年11月5日からマイナンバーカード等への旧氏併記の制度が開始しました。住民票やマイナンバーカードに旧氏を併記することで、旧氏が各種証明に使えます。

 旧氏は自動で記載されるものではありません。希望の際は、住所地で旧氏を併記するための請求手続が必要になります。

 制度の詳しい内容につきましては、下記ホームページをご確認ください。

(総務省HP:住民票・マイナンバーカード等への旧氏の記載等について

 

旧氏を併記したいとき(旧氏記載申請)

届出の場所

亘理町役場町民生活課総合窓口

必要なもの

  • 窓口に来る方の本人確認書類(※1)
  • 現在の氏の印鑑(認めでも可)
  • 個人番号カード又は通知カード
  • 併記したい旧氏から現在の氏に至るまでの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本
 ※1 本人確認書類とは

 (1)住民基本台帳カード・運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のもの)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可証などのうち1点

 (2)上記をお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める2点

  (例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、預金通帳、医療受給者証など

 

注意事項

  • 住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや通知カード、マイナンバーカードに搭載されている公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。
  • 併記された氏はその後氏が再び変更になっても自動で変更・削除されることはありません。別途、変更・削除申請が必要です。必要書類などはお問い合わせください。
  • 併記させた旧氏で印鑑登録も可能です。詳しくはお問い合わせください。

 

ライフイベント