○亘理町防犯実働隊規則

平成24年3月9日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、亘理町防犯実働隊条例(平成24年亘理町条例第7号。以下「条例」という。)第12条の規定に基づき、亘理町防犯実働隊(以下「実働隊」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(隊の編成等)

第2条 実働隊は、次の構成により隊を編成する。

隊長 1人

副隊長 1人

班長 5人以内

隊員 13人以内

2 隊長は、町長の指揮監督のもとに実働隊を統率し、隊務を総括する。

3 副隊長は、隊長を補佐し、隊長に事故があるときは、その職務を代理する。

4 班長は、上司の命を受け、隊員を指揮する。

5 隊長、副隊長及び班長は、実働隊の隊員(以下「隊員」という。)の中から町長が命ずる。

(幹部の任期)

第3条 隊長、副隊長及び班長(以下「幹部」という。)の任期は、2年とする。ただし、再任されることができる。

2 欠員により補充された幹部の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議)

第4条 隊長は、実働隊の円滑な運営を図るため、町長の承認を得て、必要に応じ幹部会及び実働隊会議を招集することができる。

(出動)

第5条 隊員の出動は、隊長が命ずる。

2 隊長は、勤務日誌を備えて勤務の状況を記録するとともに、その結果を町長に報告しなければならない。

(遵守事項)

第6条 隊員は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 警察官の権限を侵すような紛らわしい行為をしないこと。

(2) 法令を守り奉仕の心をもって言動を慎み、他の模範となるよう努めること。

(3) 住民に対して常に防犯思想の普及に努めること。

(秘密の保持)

第7条 隊員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(貸与品)

第8条 条例第10条の規定により貸与する制服等(以下「貸与品」という。)は、別表のとおりとし、その貸与期間は5年とする。ただし、貸与期間経過後も次の貸与を受けるまで保管しなければならない。

2 隊員が退職その他の理由によって、その資格を失ったときは、速やかに貸与品を返納しなければならない。

3 貸与品を貸与期間内に、やむを得ない事由により、き損し、又は亡失したときは代品を貸与する。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

品目

数量

品目

数量

冬制服 上下

1着

警笛

1個

夏制服 上下

1着

白手袋

1双

帽子

1着

腕章

1枚

ネクタイ

1本

半長靴

1足

ベルト

1本

懐中電灯

1個

階級章

1個

防寒服

1着

亘理町防犯実働隊規則

平成24年3月9日 規則第8号

(平成24年4月1日施行)