「新しい生活様式」の実践に向けて、飲食店のテイクアウト・デリバリーの開始、拡充に助成を行います。

 地域を新型コロナウイルス感染拡大から守るための具体的な手法として「新しい生活様式」の実践例が厚生労働省から公表されました。その中で飲食店からの持ち帰りやデリバリーの活用も日常生活での新たな生活様式として明示されています。本町ではこの取り組みを支援するため、町内の飲食店でテイクアウト・デリバリーを開始または拡充した事業者に対し、その必要経費の一部を助成いたします。

対象となる事業者

1.町内に飲食店を有しこれを経営する中小企業または個人事業主で、新型コロナウイルス感染症の影響によりテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(配達)を開始または拡充した事業者であること。
2.令和2年3月1日現在飲食店としての営業を行っており、その後も営業を継続していること(一時的な休業は可)
3.町税を滞納していないこと。

補助金の内容

1.補助金額等:対象経費の4分の3(千円未満切り捨て)で、上限15万円
2.申請期間:令和2年8月1日から令和2年10月30日
3.申請回数:1事業者につき1回のみ申請可

対象となる経費等

 町内の店舗に係るテイクアウト等について新たに開始または拡充に要した経費のうち、令和2年3月1日から令和2年9月30日までの間に発注、購入、契約等を行い代金の支払も完了しているもので、次に掲げるもの。

(1)商品に係る消耗品代(容器、プラスチック製を除く袋、箸、醤油等の小分け調味料、バラン等)

(2)広告等に係る費用(チラシ、看板、webページ作成等の委託費等)

 ※(1)及び(2)とも、領収書及び明細書の添付が必要になります。
 ※人件費、材料費、賃借料、厨房備品、事務用品、車両、その他従来から営業に必要な経費の費目に係るものは、対象になりません。

申請の際に必要な書類

1.亘理町飲食店テイクアウト等支援事業補助金 交付申請書兼請求書(様式第1号) [24KB docxファイル] 

2-1.亘理町飲食店テイクアウト等支援事業補助金 補助金額等計算書(様式第2号) [16KB xlsxファイル] 

2-2.亘理町飲食店テイクアウト等支援事業補助金 補助金額等計算書(様式第2号)(手書き計算用) [188KB pdfファイル] 

3.振込口座通帳の写し(表紙と口座名義人のフリガナがわかる部分の2枚)

4.領収書等の支払の実態が確認できる書類の写し及び見積書、納品書、明細書等の品名、数量、単価がわかる書類の写し

5.テイクアウト等の実施状況がわかる書類(チラシ、ポスター、webページ、店頭販売状況の写真等)

6.保健所が発行する飲食店営業許可証の写し(※)

7.町税務課が発行する町税完納証明書(※)

8.確定申告書の写し(※)

9.法人及び個人事業主の確認書(※)

<法人の場合>

  • 代表者の運転免許証やマイナンバーカード等の写真付の身分証明書の写し
  • 履歴事項全部証明書の写し

<個人事業主の場合>

  • 事業主本人の運転免許証やマイナンバーカード等の写真付の身分証明書の写し
  • 営業許可証、開業届の写し

(※)6~9の書類は、亘理町新型コロナウイルス感染症対策事業継続支援給付金の申請をした事業者については不要です。

補助金の詳細について

 亘理町飲食店テイクアウト等支援事業補助金交付要綱.pdf [166KB pdfファイル] 

申請方法

申請書類一式を下記へ提出してください。(郵送可)

〒989-2393
亘理郡亘理町字悠里1番地
亘理町役場2階 商工観光課 商工労働班