亘理町入札制度改革(案)について

 公共工事は、その発注をめぐり、談合や贈収賄などの不正行為や疑惑が後を絶たない状況であり、本町におきましても、同様の事件が発生し、入札に対する信頼性を損ねるだけではなく、町民の皆様の信頼も大きく裏切る結果となってしまいました。

 このため、公正で透明性の高い新たな入札制度の構築に向けて検討を行い、亘理町議会総務常任委員会(1回)及び同全員協議会(2回)においても協議を重ね、入札制度改革に係る基本方針及び実施計画を取りまとめました。

 ◆実施計画において早急に実施する項目

  ・予定価格の事前公表(建設工事対象)

  ・入札担当職員以外の職員も立ち会うことで、チェック体制を強化

  ・工事の指名競争入札に町外業者を2者以上含めて指名(平成28年度暫定措置)

  ・不落随意契約の原則廃止

 亘理町入札制度改革(案)については、計画的に順次実施することで、さらなる入札の透明性・競争性・公平性の向上を図り、今後二度とこのようなことのないよう、全職員が改めて法令順守と公務員倫理の徹底に努め、再発の防止に取り組むとともに、一日も早い信頼回復のため職務に精励して参ります。

 なお、入札会の再開は12月14日(水)を予定しております。

 

  ・亘理町入札制度改革(案) [203KB pdfファイル] 

  ・亘理町入札制度改革(案) 実施計画書 [257KB pdfファイル]