「桃の節供と雛」

 3月3日はひなまつりです。春の訪れを喜び、子どもの健やかな成長と幸せを祈って、各家庭で行われます。雛人形に旬の食材や験を担いだものでこしらえたご馳走を供え、桃の花を飾り、白酒を飲んで遊ぶ、四季折々の儀礼の中でもとりわけ華やかな行事です。
桃は、未来を予知し邪気を祓う魔よけの木といわれ、また、たくさんの実を結ぶことから、女の子の健やかな成長と末永い幸せを願うひなまつりと深く結びつきました。節供は、供え物をして祭りをする折り目の日。ゆえに3月3日は「桃の節供」ともいわれます。
今回は、3月3日に雛人形が飾られ祝われるようになった歴史と、時代に応じて移り変わってきた雛人形について紹介するほか、亘理伊達家の古今雛や享保雛、御殿飾り、東日本大震災からレスキューされた段飾りなど亘理町ゆかりの雛人形を展示します。春を呼ぶ雛たちが皆様をお迎えします。ぜひご観覧ください。

期間
2月18日(土曜日)から3月19日(日曜日)まで
開館時間
午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日

2月:20日、24日、27日

3月:6日、13日

会場
亘理町立郷土資料館 企画展示室
観覧料
常設展示料金で観覧できます。
区分 一般 高校生 小・中学生
個人 団体 個人 団体 個人 団体
料金 200円 150円 100円 70円 50円 30円
※団体料金は20人以上               
身体障害者手帳を提示していただくと、本人および付き添い者の観覧料が半額になります。
関連イベント

◆わたり温泉鳥の海出張展示
・昭和後期の7段飾りがご覧になれます。(温泉休業日を除く)
・温泉を利用された方(チラシ持参)はテーマ展を団体料金で観覧できます。

◆「ひなまつり」記念無料観覧日
ひなまつりを記念して、郷土資料館の常設展示およびテーマ展「桃の節供と雛」の観覧料を無料とします。
日時:3月3日(金曜日) 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

お問い合わせ 

 亘理町立郷土資料館(生涯学習課文化財班)
TEL:0223-34-8701
FAX:0223-34-8709