個人町民税は、前年の所得にかかる税金です。

◇納税の義務がある方

町内に住所のある方。

町内に住所がない方で、町内に事務所・事業所・家屋敷のいずれかを有する方。

◇非課税になる方

(1)生活保護法の規定による生活扶助を受けている方。

(2)障害者・未成年者・寡婦又は寡夫で前年の合計所得金額が125万円以下の方。

(3)扶養親族がいない方で、前年の合計所得金額が33万円以下の方。

(4)扶養親族がいる方で、前年の合計所得金額が33万円×扶養人数+16万8千円以下の方。

 

住民税の計算方法

個人住民税の計算方法は次のとおりです。

A + (B-C-D)= 個人住民税の年税額

A 均等割額

6,200円 (町民税3,500円:県民税2,700円)

※町民税3,500円には平成26年度から10年間にわたり、復興特別税500円が含まれています。

※県民税2,700円には平成26年度から10年間にわたり、復興特別税500円が含まれています。

※県民税2,700円には平成23年度から5年間にわたり、みやぎ環境税1,200円が含まれています。

B 所得割額

課税所得金額(前年中の所得金額 - 所得控除金額)×税率10%(町民税6%:県民税4%)

C 調整控除

(1)個人住民税の課税所得金額が200万円以下の方

 (イ)・(ロ)いずれか小さいほうの額×5%
   (イ) 所得税との人的控除額の差の合計額
   (ロ) 個人住民税の課税所得金額
(2)個人住民税の課税所得金額が200万円超の方
  {所得税との人的控除額の差の合計額 - (個人住民税の課税所得金額-200万円)}×5%

※ただし、この額が2,500円未満のときは2,500円とする。

D 税額控除

 

1,000万円以下の部分

1,000万円超の部分

 

町民税

県民税

町民税

県民税

利益の配当等

1.6%

1.2%

0.8%

0.6%

外貨建等証券投資信託以外

0.8%

0.6%

0.4%

0.3%

外貨建等証券投資信託

0.4%

0.3%

0.2%

0.15%

 

 

 

所得控除の種類

雑損控除医療費控除社会保険料控除

小規模企業共済掛金控除地震保険料控除

人的控除障害者控除寡婦控除・寡夫控除勤労学生控除

配偶者控除配偶者特別控除扶養控除基礎控除

雑損控除

(1)・(2)いずれか多いほうの金額

 (1) (損失額-保険金等による補填額)-(総所得金額等の合計額)×10%

 (2) 災害関連支出の金額-5万円

医療費控除

保険金等で補填された後の負担額-総所得金額等の5%又は10万円のいずれか低い金額

※最高限度額200万円

社会保険料控除

支払額全額

小規模企業共済等掛金控除

支払額全額

生命保険料控除

下記の計算をした上での合計額(70,000円限度)

 

(1)一般の生命保険料(旧契約)だけの場合
15,000円まで 支払額全額
15,001円から40,000円まで 支払額×1/2+7,500円
40,001円から70,000円まで 支払額×1/4+17,500円
70,001円以上 35,000円
(2)個人年金保険料(旧契約)だけの場合 
15,000円まで 支払額全額
15,001円から40,000円まで 支払額×1/2+7,500円
40,001円から70,000円まで 支払額×1/4+17,500円
70,001円以上 35,000円
(3)一般の生命保険料(新契約)だけの場合
12,000円まで 支払額全額
12,001円から32,000円まで 支払額×1/2+6,000円
32,001円から56,000円まで 支払額×1/4+14,000円
56,001円以上 28,000円
(4)介護医療保険料(新契約)だけの場合 
12,000円まで 支払額全額
12,001円から32,000円まで 支払額×1/2+6,000円
32,001円から56,000円まで 支払額×1/4+14,000円
56,001円以上 28,000円
(5)個人年金保険料(新契約)だけの場合
12,000円まで 支払額全額
12,001円から32,000円まで 支払額×1/2+6,000円
32,001円から56,000円まで 支払額×1/4+14,000円
56,001円以上 28,000円

 

一般生命保険料と一般生命保険料(新契約)両方ある場合

上記の計算をした上で、(イ)・(ロ)いずれか大きいほうの額
  (イ)(1)の額+(3)の額 (28,000円限度)
  (ロ)(1)の額のみ     (35,000円限度)

個人年金険料と個人年金保険料(新契約)両方ある場合

上記の計算をした上で、(イ)・(ロ)いずれか大きいほうの額
  (イ)(2)の額+(5)の額 (28,000円限度)
  (ロ)(2)の額のみ     (35,000円限度)

地震保険料控除

下記の計算をした上での合計額(25,000円限度)

 

(1)地震保険料だけの場合
50,000円まで 支払額×1/2
50,001円以上 25,000円
(2)旧長期損害保険料だけの場合 
5,000円まで 支払額全額
5,001円から15,000まで 支払額×1/2+2,500円
15,001円以上 10,000円

人的控除

控除該当者1人につき控除額を加算します。

※所得税との控除額の差は調整控除の計算につかいます。

 

障害者控除

納税者自身が障害者である場合。

控除対象配偶者及び扶養親族のうち障害者がいる場合。

  障害者:260,000円(所得税との控除額の差10,000円)

  特別障害者:300,000円(所得税との控除額の差100,000円)

  同居特別障害者:530,000円(所得税との控除額の差120,000円)

寡婦 寡夫控除

納税者自身が寡婦(夫)である場合。

  260,000円(所得税との控除額の差10,000円)

 

さらに、合計所得金額が500万円以下で、かつ、扶養親族である子を有する場合(特定の寡婦)。

  300,000円(所得税との控除額の差50,000円)

勤労学生控除

納税者自身が勤労学生で、(1)~(3)の条件をすべて満たす場合。

 (1)自己の勤労に基づく給与所得等がある。

 (2)合計所得金額が65万円以下である。

 (3)合計所得金額のうち給与所得等以外の所得が10万円以下である。

  260,000円(所得税との控除額の差10,000円)

配偶者控除

納税義務者の妻又は夫で、(1)~(3)の条件をすべて満たす場合。

 (1)納税義務者と生計を一にしている。

 (2)事業専従者ではない。

 (3)前年の所得金額が380,000円以下である。

  一般の控除対象配偶者:330,000円(所得税との控除額の差50,000円)

  老人控除対象配偶者:380,000円(所得税との控除額の差100,000円)

配偶者特別控除

 納税義務者の妻又は夫で、(1)~(3)の条件をすべて満たす場合。

 (1)納税義務者と生計を一にしている。

 (2)事業専従者ではない。

 (3)納税義務者の前年の所得金額が1,000万円を超えていない。

 

配偶者の合計所得金額

配偶者特別控除額

所得税との

控除額の差

380,001円から449,999円

330,000円

50,000円

450,000円から499,999円

310,000円

30,000円

500,000円から549,999円

260,000円

0円

550,000円から599,999円

210,000円

0円

600,000円から649,999円

160,000円

0円

650,000円から699,999円

110,000円

0円

700,000円から749,999円

60,000円

0円

750,000円から759,999円

30,000円

0円

760,000円から

0円

0円

 

扶養控除

 

   一般の扶養親族:330,000円(所得税との控除額の差50,000円)

   特定扶養親族:450,000円(所得税との控除額の差180,000円)

   老人扶養親族同居老親等:450,000円(所得税との控除額の差130,000円)

   老人扶養親族同居老親等以外:380,000円(所得税との控除額の差100,000円)

基礎控除

納税者全ての方に適用

  330,000円(所得税との控除額の差50,000円)

 

納税義務者の扶養親族で、(1)~(3)の条件をすべて満たす場合。

 (1)納税義務者と生計を一にしている。

 (2)事業専従者ではない。

 (3)前年の所得金額が380,000円以下である。