平成19年4月から年金制度が一部改正されました。

 
1.離婚時の厚生年金の分割制度を導入
平成19年4月1日以降に離婚した場合、両者の合意または裁判所の決定により、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録を分割できる制度です。
 
2.70歳以上の被保険者に在職老齢年金の仕組みを導入
70歳以上の方も、厚生年金の適用事業所にお勤めの場合、年金と賃金の額によって、老齢厚生年金の全部または一部が支給停止になります。ただし、昭和12年4月1日以前生まれの方は、対象となりません。
 
3.老齢厚生年金の繰下げ制度を導入
老齢基礎年金には従来から繰下げ制度がありましたが、老齢厚生年金についても65歳から支給を受けずに開始年齢を遅らせることで、増額した年金を受け取れるようになります。
 
4.65歳以上の方の遺族厚生年金の支給方法の見直し
自らの老齢厚生年金を全額受給した上で、現行水準との差額を遺族厚生年金として受給する制度に変更されます。
 
5.若齢期の妻の遺族厚生年金制度の見直し
夫の死亡時に30歳未満で子を養育していない妻等に対する遺族厚生年金は、5年間の有期給付となります。
 
6.本人の申出による年金支給停止のしくみを導入
年金受給者が自ら申出することによって、年金の受取りを停止することができるようになります。

問い合わせ先 

仙台南社会保険事務所(Tel022-246-5111)