障害者控除対象者認定書について

 本人又は被扶養者が障害者である場合、確定申告などにより所得税や町県民税の所得控除をうけることができます。また、65歳以上の方で障害の程度が障害者に準ずる方として認定を受けている場合は、障害者控除の対象となります。

 亘理町では申請により65歳以上の要介護認定者で次の要件を満たす方は、申告時必要となります障害者控除対象者認定書を発行します。

 

対象者

  1. 亘理町に住所がある65歳以上で要介護認定(要介護1から要介護5)を受けている方
  2. 療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けていない方
  3. 介護保険の認定調査票または、主治医意見書で日常生活自立度の判定が一定基準である方

 

認定基準日

 申告の対象を受ける年の12月31日での判定となるため、基準日に有効である要介護認定結果に基づき認定します。
(但し、基準日以前に死亡している場合は死亡日を基準とします。)

 

申請方法

 対象者本人または対象者本人を被扶養者とするご親族の方(控除を受けようとする配偶者又はご親族)は、介護保険被保険者証等ご持参の上福祉課高齢者支援班に申請してください。(申請書は窓口に備え付けております。)

※申請受付は令和2年1月6日月曜日から(土曜日、日曜日、祝日を除く)開始します。

 

 認定書の交付

 該当する方には、障害者控除対象者認定書を交付しますので、確定申告、町県民税の申告、年末調整で障害者控除を受ける際の添付書類としてご利用ください。

※この認定書は所得税、町県民税の障害者控除にのみ適用を受けるものであり、障害者としてのサービスが受けられるものではありません。