急速な高齢化の進展に伴い、寝たきり、認知や虚弱な状態となり、介護を必要とする高齢者が増えており、介護の問題は、どの家庭でも起こり得る不安要因となっております。

こうした介護問題に対応すべく、高齢者の介護者を社会全体で支え、利用者の希望を尊重した総合的な介護サービスを受けられる仕組みとして介護保険制度が始まりました。

保険者

介護保険の実施主体(保険者)は、亘理町になります。

 

加入者(被保険者)

亘理町に住所を有する40歳以上の方が加入します。

年齢で二つの被保険者に分かれます。

(1)第1号被保険者 65歳以上の方

(2)第2号被保険者 40歳から64歳までの方

 

サービスを利用できる方

(1)第1号被保険者

寝たきりや認知症などで常に介護が必要な状態(要介護状態)の方、または家事や身支度など日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方

(2)第2号被保険者

医学的に加齢による心身の変化に起因すると考えられる次の疾病(特定疾病)が原因で、要介護状態や要支援状態である方

特定疾病
    • がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
    • 関節リウマチ
    • 筋萎縮性側索(きんいしゅくせいそくさく)硬化症
    • 後縦靭帯(こうじゅうじんたい)骨化症
    • 骨折を伴う骨粗しょう症
    • 初老期における認知症
    • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
    • 脊髄(せきずい)小脳変性症
    • 脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症
    • 早老症
    • 多系統萎縮症
    • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
    • 脳血管疾患
    • 閉塞(へいそく)性動脈硬化症
    • 慢性閉塞性肺疾患
    • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症