「限度額適用認定証」で、窓口での支払いが限度額までになります
 医療費が高額になるときは、入院・外来、どちらの場合でも「限度額適用認定証」等を提示すれば、医療機関の窓口での負担は限度額までになります。あらかじめ国保の担当窓口に認定証の交付を申請してください。保険税を滞納していると交付されない場合があります。

 

 

対象者
認定証の種類
所得区分
70歳未満の人 課税世帯等 限度額適用認定証
非課税世帯等 限度額適用・
標準負担額減額認定証
70歳以上
75歳未満
の人
現役並み所得者Ⅲ
課税所得690万円以上
(高齢受給者証)
※交付申請は不要です
現役並み所得者Ⅱ
課税所得380万円以上
限度額適用認定証
現役並み所得者Ⅰ
課税所得145万円以上
課税世帯等で
課税所得145万円未満
(高齢受給者証)
※交付申請は不要です
非課税世帯等 限度額適用・
標準負担額減額認定証