超少子高齢化社会が急速に進展する中で、団塊の世代が75歳以上となる令和7年(2025年)を見据え、高齢者自身ができるだけ健康を維持し、

 その活力を地域の中で生かすだけではなく、「医療、介護、介護予防、住まい、生活支援を一体的に提供する地域包括ケアシステムの深化と推進」を図り、

 地域全体で支えあう仕組みづくりを目指します。

 

計画期間

 令和3年度から令和5年度までの3年間を1期とする計画です。

 

基本理念

高齢者が住み慣れた地域の中で、安心して生きがいを持って生活が送れるように地域みんなで支えあう社会づくり

 

基本目標

1 高齢期をいきいきと過ごすための健康づくり・介護予防

  1-1 健康づくりの推進と健康寿命の延伸

  1-2 生きがいづくり・社会参加の促進

  1-3 介護予防サービスの推進

2 高齢者が安心して暮らせる地域づくり

  2-1 社会参加の場づくりとネットワーク化

  2-2 生活支援コーディネーターの活用

  2-3 住み慣れた地域で暮らし続ける環境づくり

  2-4 高齢者の安心・安全の確保

  2-5 高齢者の尊厳を守る取組 

3 認知症施策の推進

  3-1 認知症に対する理解の促進と本人支援

  3-2 認知症に関するサービスの充実と介護者支援

  3-3 認知症バリアフリーの推進と社会参加

4 地域共生社会づくりに向けた包括ケアシステムの強化

  4-1 地位包括支援センター機能の充実

  4-2 多職種(介護・医療など)の連携

  4-3 支え合いの仕組みづくり

5 介護サービス内容の充実と質の向上

  5-1 適切な要介護認定の実施

  5-2 介護サービス等の充実

  5-3 介護保険制度の適正・円滑な運営

 

第8期亘理町高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画

第8期亘理町高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(全文).pdf [3314KB pdfファイル] 

第8期亘理町高齢者保険福祉計画・介護保険事業計画(概要版) [1086KB pdfファイル] 

 

介護予防・日常生活圏域ニーズ調査結果報告書

 介護予防・日常生活圏域ニーズ調査結果報告書 [1260KB pdfファイル]