軽度・中等度の難聴がある児童を対象に補聴器購入の助成を実施します

軽度・中等度の難聴があるものの、身体障害者手帳の交付には至らない18歳未満の児童が対象となります。

聞こえにくいため日常生活や学校生活において支障が生じ、補聴器をつけることで脳の発達や言語の早期習得の促進が期待されると医師の診断を受けている方に対し、補聴器を購入する際の費用の助成を実施します。

申請についての詳細を知りたい方は、福祉課まで問い合わせください。

対象者

  1. 18歳未満の方
  2. 両耳の平均聴力レベルが30dB以上で、身体障害者手帳の交付対象とならない方
  3. 補聴器を着けることで、脳の発達や言語の早期習得などに一定の効果が期待できると医師が判断した方

※医師の意見書(規定様式)の提出が必要となります。

注意点

  • 福祉課への事前の申請が必要となります。

※購入後の申請は助成の対象とはなりません。

  • 対象者の属する世帯の所得(市町村民税の所得割額)を確認し助成額を決定します。

※世帯の所得(市町村民税の所得割額)により、助成対象外となる場合もあります。