定期予防接種は 対象者及び接種期間が 予防接種法で定められています

「予防接種と子どもの健康」をよく読み、できるだけ望ましい時期に接種するようにしましょう。

 

 

予防接種の種類

接種対象者(接種対象年齢)

望ましい接種時期

回数

ヒブ感染症

生後2月から60月に至るまでの間にある者

初回接種開始は生後2月から7月に至るまで

(追加接種は、初回接種終了後7月から13月までの間隔をおく)

4回※1

小児用肺炎球菌

生後2月から60月に至るまでの間にある者

初回接種開始は生後2月から7月に至るまで

(追加接種は、生後12月から15月に至るまで)

4回※1

B型肝炎

生後2月から12月に至るまでの間にある者

初回接種開始は生後2月から9月に至るまで

(第3回目は初回接種終了後139日以上の間隔をおく)

3回※1

四種混合※2

・ジフテリア・百日せき

・破傷風・不活化ポリオ

1期初回 生後3月から90月に至るまでの間にある者

生後3月に達した時から12月に達するまでの期間

3回

1期追加 生後3月から90月に至るまでの間にある者

(1期初回接種(3回)終了後6月以上の間隔をおく)

1期初回接種(3回)終了後12月から18月まで

の間隔をおく

1回

不活化ポリオ※2

1期初回 生後3月から90月に至るまでの間にある者

生後3月に達した時から12月に達するまでの期間

3回

1期追加 生後3月から90月に至るまでの間にある者

(1期初回接種(3回)終了後6月以上の間隔をおく)

1期初回接種(3回)終了後12月から18月まで

の間隔をおく

1回

BCG

生後1歳に至るまでの間にある者

生後5月に達した時から8月に達するまでの期間

1回

水痘

初回 生後12月から36月に至るまでの間にある者

生後12月から15月に達するまでの期間

1回

追加 生後12月から36月に至るまでの間にある者

(初回接種終了後3月以上の間隔をおく)

初回接種終了後6月から12月までの間隔をおく

1回

麻しん風しん混合

1期 生後12月から24月に至るまでの間にある者

接種期間になったらできるだけ早期に接種

1回

2期 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の前年度

4月1日から3月31日までの間にある者

接種期間になったらできるだけ早期に接種

1回

日本脳炎※3

1期初回 生後6月から90月に至るまでの間にある者

3歳に達した時から4歳に達するまでの期間

2回

1期追加 生後6月から90月に至るまでの間にある者

(1期初回接種(2回)終了後おおむね1年おく)

4歳に達した時から5歳に達するまでの期間

1回

2期 9歳以上13歳未満の者

9歳に達した時から10歳に達するまでの期間

1回

二種混合

・ジフテリア・破傷風

2期 11歳以上13歳未満の者

11歳に達した時から12歳に達するまでの期間

1回

子宮頸がん予防※4

小学校6年生から高校1年生相当の女子(12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子)

中学校1年生相当の間(13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間)

3回

   

※1:ヒブ感染症と小児用肺炎球菌の予防接種は、接種開始月齢により接種回数が異なります。

※2:四種混合ワクチンを接種した場合、不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません。

※3:日本脳炎ワクチンの接種について、平成17年度から平成21年度までの接種勧奨の差し控えにより、接種の機会を逃した方

(1)平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれたお子さんは、20歳になるまでの間に未接種となっている1期、2期の接種をうけることができます。

(2)平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれのお子さんは、9歳に至った日から13歳になるまでの間に6月から90月の間に未接種となっている1期の接種を受けることができます。その場合、6日以上の間隔をおいて2基の接種が可能ですが、接種時期についてはかかりつけ医とご相談ください。

※4:子宮頸がん予防ワクチンの接種については、平成25年6月14日から積極的な接種勧奨が差し控えられていますが、希望者には定期接種として接種可能となっています。(詳しくは厚生労働省ホームページ「子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A」をご覧ください。) 

 

接種方法

次の実施医療機関での個別接種となります。実施医療機関に事前に予約をしたうえで接種してください。

なお、接種当日は予診票(予防接種手帳)、母子健康手帳を持参してください。

実施医療機関について 

   

実施医療機関名

電話番号

予防接種の種類

ヒブ感染症

小児用肺炎球菌

B型肝炎

四種混合

不活化ポリオ  BCG 水痘 麻しん風しん混合 日本脳炎 二種混合 子宮頸がん予防
  板橋胃腸科肛門科  34-8911

 -

  -  -         
 氏家医院  34-1320          

 

            
 大友医院ヒロミ小児科  34-3204                         
 熊谷内科医院  34-5140                        
 三浦クリニック  33-1811                    
 三上医院  34-3711                        
 やべ内科クリニック  34-3003  - -   -     -    -         
 山形外科医院  34-3171                        
 やまだクリニック 23-1107  -
浅生原クリニック 23-0345
 菊地内科医院 37-3300
 平田外科医院 37-4055   -  
 松村クリニック 38-0005

 

宮城県広域化予防接種事業ついて

次に該当されるお子さんは、亘理町外の医療機関(宮城県広域化予防接種事業に参加している場合)で予防接種(BCGを除く)を受けることができます。

    • かかりつけ医が亘理町外にいるお子さん
    • 母親の出産等に伴い、亘理町外に長期間滞在しているお子さん
    • 亘理町外の施設等に入所しているお子さん

 やむを得ず県外での予防接種を希望される場合

やむを得ない事情により、県外での予防接種を希望される場合は、事前にご相談ください。