「庭を猫の糞尿で汚される」、「子猫が捨てられている」というような猫に関する苦情が多く寄せられています。

猫は屋内飼育が基本です

 放し飼いは近所迷惑となることがあります。環境省の「家庭動物等の使用及び保管に関する基準」で、猫の屋内飼育を指導しています。屋内飼育の利点は、(1)糞尿による近隣トラブル、(2)交通事故や疾病の感染などを回避できることです。

 

猫が苦手な人もいます

あなたの近所にも猫の苦手な人がいます。近隣への配慮やコミュニケーションを怠らないようにしましょう。

 

トラブルは飼い主の責任です

トラブルの多くは、飼い主の努力によって改善されます。下表をご覧いただき、もう一度飼育方法や習性を確認してください。

 

猫の飼い方ルールとマナー

1 首輪をつけよう

迷子のときや野良猫と間違われないようにするため、首輪や名札をつけてください。首輪には飼い主の連絡先を記入しましょう。

2 不妊・去勢をしましょう

野良猫の繁殖や不本意な繁殖を防ぐためにも、不妊・去勢手術を受けましょう。

3 飼い猫にはエサは決まった時間に、決まった場所で与えましょう

エサはそのままにしておくと、飼っているつもりのない他の猫も集まってきます。

 4 トイレをしつけましょう。

糞尿は自宅の決まった場所でするようにしつけ、他人に迷惑をかけないようにしましょう。

 5 飼ったら最後まで飼育しましょう。

動物を捨てることは、「動物の愛護及び管理に関する法律」で禁止されています。終生飼育は飼い主の義務です。

  

野良猫にエサ付けしていませんか?

野良猫にエサを与えることは、野良猫が増え、近所間で糞尿などの被害に繋がります。エサを与えるのならば、その野良猫の飼い主になる自覚と責任をもって、適正な管理と飼育を行っていただきますようお願いします。

猫の被害で困っている方は、猫が入らない工夫や、ごみ処理を適切にして荒らされないよう注意しましょう。