県税である「みやぎ環境税」は、宮城の豊かな環境を適切に保全し、次の世代へ引き継いでいくため、様々な環境施策を一体的・複合的に展開し、喫緊の環境問題に対応する新たな又は拡充を図る環境施策に充当する財源として、平成23年4月から導入されています。
亘理町では、徴収された「みやぎ環境税」のうち市町村へ交付される補助金(みやぎ環境交付金)を活用し、これまで主に防犯灯のLED化事業を実施してきました。以下で事業の詳細を紹介します。

 

防犯灯LED化事業(担当部署:総務課安全対策班)

本事業は、各行政区が管理する既存の蛍光灯・水銀灯の防犯灯をLED化することで、消費電力を抑え地球温暖化を助長するといわれる二酸化炭素の排出量を削減する取り組みとして実施しています。
また、本事業による防犯灯の整備により、住民の方々の夜間の安全性の確保に努め、犯罪抑止等の防犯対策を推進するものです。
交付金を活用し、平成23年度から平成27年度までの間で554基の防犯灯をLED化しています。内容は以下の実績概要書のファイルを参照ください。 

 

 平成27年度(138基設置)
   平成27年度みやぎ環境交付金事業実績概要書(防犯灯LED) [121KB pdfファイル] 

 平成26年度(95基設置)
   平成26年度みやぎ環境交付金事業実績概要書(防犯灯LED) [190KB pdfファイル]

 平成25年度(79基設置)
   平成25年度みやぎ環境交付金事業実績概要書(防犯灯LED) [109KB pdfファイル]

 平成24年度(122基設置)
   平成24年度みやぎ環境交付金事業実績概要書(防犯灯LED) [174KB pdfファイル]

 平成23年度(120基設置)
   平成23年度みやぎ環境交付金事業実績概要書(防犯灯LED) [161KB pdfファイル]  
 

 

鳥獣被害防止軽減対策事業(担当部署:旧産業観光課農政班)

イノシシによる農作物への被害防止・軽減のため、平成23年度に実施しました。
内容は以下の実績概要書のファイルを参照ください。

   平成23年度みやぎ環境交付金事業実績概要書(鳥獣対策) [143KB pdfファイル] 

 

 

今後の取組みについて

「みやぎ環境税」の課税期間が平成28年度から5年間延長されることが決定しており、あわせて、これまで同様に税の一部が補助金(みやぎ環境交付金)として、市町村の環境関係施策に対し交付されることとなっています。亘理町ではこの交付金を「低炭素社会の推進(二酸化炭素の削減)」に関する事業に活用してゆく計画です。  

 

関係機関リンク(宮城県ホームページ)