近年アメリカシロヒトリが大量発生しています。住宅地でも被害の連絡が多く寄せられています。
被害の拡大を防ぐためには、早期の発見と駆除がとても大切です。ご家庭や所有している土地の樹木の確認をお願いします。

アメリカシロヒトリの幼虫

駆除は所有者で

防除、駆除は樹木の所有者の責任であり、町で駆除は行っていません。自ら駆除できない場合は、駆除業者を紹介しますので町民生活課へお問い合わせください。

駆除方法

巣網】この時期に枝ごと切り取り袋に入れて踏みつけ、燃えるごみへ
早期に発見し捕殺防除を行うことが肝心です。
もし発見が遅れてしまい、すでに周囲に虫が分散した場合は、スミチオンなどの乳剤の散布が有効的とされています。
詳細は、農薬販売店などにおたずねください。
※薬剤は、購入時に印鑑が必要となるものもあります。使用方法を守り、保存や取り扱いには十分注意してください。また、薬剤を散布するときは、飛散に注意し、近隣の迷惑にならないように行ってください。
アメリカシロヒトリとは
ヒトリガ科に属する白い小型の蛾で、特にサクラ、ウメ、カキ、ハナミズキなどの広葉樹を好んで産卵します。
繁殖力が非常に強く、1匹で700個から1000個ほど産卵し、約1週間でふ化します。幼虫(毛虫)は年2回巣網を張って集団で植物を食い散らし、そのまま放置すると周囲の樹木まで丸坊主にしてしまいます。
発生時期
通常6月上旬から7月中旬と、8月上旬から9月中旬の年2回発生します。
また、空き地や空き家などでは気づかないうちに発生し、近隣の土地まで被害が出るケースもあります。
発生時期には所有している土地の確認をお願いします。