牛袋法印神楽(うしふくろほういんかぐら)

牛袋法印神楽牛袋法印神楽は、神がみが協力して悪神、悪魔を打ち祓(はらう)姿を表現したものと考えられています。1幕から12幕までがひとつの物語になっていて、第1幕の幣束舞(へいそくまい)は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)が祝詞をあげて、お祈りする姿を表しています。その他にも、鯛を釣り上げ喜ぶ恵比寿舞や、太刀を持ち悪魔を打ち祓う剣舞などがあり、二間四方の舞台で舞うのが正式なものです。

 

牛袋への伝来、そして復興

明治35年(1907)頃、牛袋の齋幸助氏が同志6人と共に柴田町四日市場の神楽を体得して亘理に伝えたのが、牛袋法印神楽のはじまりです。当時は、仙台市や塩竃市などの祭りにも奉納するなど盛んに行われていましたが、昭和42年頃、途絶えてしまいました。

それから10年ほど過ぎた昭和51年に、法印神楽を復活させようと立ち上がったのは、幼少の頃から神楽を見て育った青年団のメンバーでした。

彼らは、神楽の経験を持つ齋幸太郎氏(齋幸助氏の実弟・当時70歳くらい)と共に「牛袋法印神楽保存会」を結成。練習を重ね、県の青年文化祭で優秀な成績を収めるまでになりました。

齋氏は、「やるからには一生やってもらわないと困る」と常に話をしていたそうですが、もう二度と途絶えさせないという思いと、後継者の育成を強く願っていたのでしょう。

そして、この活動に共感した区民は、昭和53年(1978)に後援会を発足させ、神楽の保存に地域で取り組むようになりました。このようなことから「牛袋法印神楽」は昭和62年(1987)、亘理町無形民俗文化財に指定されました。

 

 

亘理枡取り舞(わたりますとりまい)

枡取り舞「亘理枡取り舞」は、門付け踊り(人家の門前で踊る踊り)で、詳しくは語り継がれていませんが、戦前は仙南地方で踊られ、県内各地に広まったそうです。

亘理町では、久しく絶えていたこの郷土芸能を昭和30年頃に、亘理4Hクラブの会員が復活させようと立ち上がり、先輩の指導を受けて「亘理枡取り舞保存会」を結成、現在も保存伝承に努めています。

この踊りは、最近見る機会のない樽状の「一斗枡」「箕」「ほうき」を用いて踊ります。枡は「益々」、箕は「身に入る」、ほうきは「かき集める」という意味なのだそうです。

古くから亘理地方で収穫を喜ぶ秋祭などで、五穀豊穣の願いを込めて踊られ、神社祭典で奉納するものでした。縁起のよい歌詞と「この家益々御繁盛」という結びの句が喜ばれ、祝福芸として結婚式などで披露されることもあるそうです。

踊りの最後に豊年満作を願い、紅白の餅がまかれます。

昭和62年(1987)亘理町無形民俗文化財に指定されました。

(参考・郷土しりょうかん第83号)