10月1日からB型肝炎ワクチン予防接種が定期化されます

予防接種法の一部改正により、平成28年10月1日より、B型肝炎ワクチン予防接種が定期接種化され、対象の方は公費負担で接種を受けられるようになります。

B型肝炎は、B型肝炎ウィルスの感染により起こる肝臓の病気で、予防接種を行うことで、B型肝炎と将来の肝がんを予防できるとされています。

1歳までに3回の接種を忘れずに済ませましょう!

厚生労働省リーフレット

 

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた12か月未満のお子さん(1歳の誕生日の前日まで)

 

標準的な接種期間

生後2ヵ月から9ヵ月に至るまでの期間

 

接種回数

3回

※27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて第3回目の接種をします。

※3回の接種を終えるまでにはおおよそ半年間かかりますので、特に平成28年4月・5月生まれの方は早めに接種を開始してください。

※平成28年10月1日以前に、任意接種としてすでに接種したことがある方は、残りの接種分が定期接種となります。

 

接種費用

無料(公費負担)

※対象年齢の場合に限ります。1歳を過ぎてからの接種は定期接種の対象外となり、全額自己負担となります。

 

持ち物

母子健康手帳・B型肝炎予防接種予診票(対象となる方には、郵送または新生児訪問で配布しています。)

 

 接種医療機関

下記の医療機関に事前に予約してください。

医療機関名 電話番号
板橋胃腸科肛門科 34-8911
氏家医院 34-1320
大友医院ヒロミ小児科 34-3204
高橋内科乳腺クリニック 33-1121
浜吉田駅前内科 34-7377
三上医院 34-3711
やべ内科クリニック 34-3003
山形外科医院 34-3171
やまだクリニック 23-1107
菊地内科医院 37-3300
平田外科医院 37-4055
松村クリニック 38-0005