「通知カード」とは?

12桁のマイナンバーをお知らせするためのカードです。

氏名、住所、生年月日、性別の基本4情報と個人番号が記載されています。

あくまで通知のためのヵードなので、身分証明書としては使用できません。

 

 

通知カード受け取りまでの流れ

1.通知カードが届きます

通知カードは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から住民票の住所に郵送されます。

通知カードは、転送不要の簡易書留で送られます。

マイナンバーが新しく付番された方(出生や海外転入)に送付されます。その他の方は平成27年11月初旬から11月末にかけて、すでに郵送されています。

以下のものがご自宅に送られてきます。

(1)封筒

転送不要の簡易書留で、表に「通知カード、個人番号カード交付申請書在中」と赤文字で印字されています。

裏面には、点字で「まいなんばーつうち」と打たれています。また、マイナンバー制度の簡単な説明を音声で読み上げるためのコードも印刷されています。

 

(2)宛名台紙

左側に世帯主のお名前と住所が印字されています。

右側に、通知カード・個人番号カードに関するコールセンターの連絡先と、町役場への連絡先が印字されています。

 

(3)通知カード・個人番号カード交付申請書

 

(4)説明用パンフレット

 

表紙を含む全8ページで、三つ折りになって封入されています。

 

(5)返信用封筒

個人番号カード交付申請書を返送する際に使用します。

 

2.通知カードの記載内容を確認します。

※今後、行政機関などから個人番号確認のため通知カードの提示を求められる場合がありますので、紛失や汚損しないよう気をつけてください。

※引っ越しや婚姻などで、住所や氏名が変わる場合は、新しい住所や氏名を通知カードに記載しますので、届出時に必ず持参してください。

通知カードを受け取れなかった場合

不在票が投函されたが、郵便局での保管期間内に受け取れなかった方

郵便局での保管期間を過ぎた通知カードは、郵便局より町役場へ返送されてきます。

返送された通知カードは町役場で保管しておりますので、お問い合わせください。

通知カードの再発行をしたい場合

 通知カードを紛失・誤廃棄したことによる再発行をしたい場合は、住民票のある市町村で申請することができます(有料)。役場で申請をした後、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)より、住民票の住所宛てに簡易書留郵便で送付されます。

※注意事項

  • 申請からお手元に届くまで1カ月ほどかかります。
  • 盗難された方や外で紛失された方は、事前に警察署へ遺失物の届出をしてから役場にお越しください。申請時に警察署で受付をした受理番号が必要になります。
  • 15歳以上の方は本人様に限り申請することができます。来庁が困難な場合は、代理人への委任状を自筆でご準備いただき、代理人が窓口までお持ちください。(15歳未満の方や成年被後見人の方の申請は法定代理人が手続き可能です。必要書類など詳しくはお問い合わせください。)

 

【手数料】

1件500円

 

【必要書類】

  • 本人確認書類
  1. (1)住民基本台帳カード、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年以降発行のもの)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書などの顔写真入りの身分証明書のうち1点

  (2)これらをお持ちでない方は、健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、預金通帳、医療受給者証など

  「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認めるもののうち2点

  2. 印鑑(認印可)

  3. 本人自筆の委任状(代理人が手続きをする場合のみ)

  ※本人以外の方が申請される場合、必要書類などが異なる場合がありますので事前にお問い合わせください。    

「個人番号カード」とは?

顔写真つきのICカードで、氏名などの基本4情報と個人番号が記載されており、本人確認のための公的な身分証明書として使用できます。

所得などのプライバシーの高い情報は記録されません。

カード内のICチップにはe-Taxの電子申請などが行える電子証明書も搭載することができます。

 

個人番号カード受取までの流れ

1.個人番号カードの交付申請をします。

初回の交付は無料です。希望する方のみ申請ください。

個人番号カードは通知カード及び住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)と引き換えです。

個人番号カードと住民基本台帳カードは重複所持はできませんので、ご注意ください。

なお、紛失などで再発行される場合は手数料が800円かかります。(電子証明書を搭載する場合は200円加算されます。)

申請方法

(1)郵便による申請

通知カードに同封されている申請書に、顔写真を添付して必要事項を記入し、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に郵送してください。 

こちらよりダウンロードすることが可能です。(マイナンバーの記入が必要)

また窓口で氏名・住所が事前に記載されている申請書の交付も行っていますので、ご本人様または同一世帯員の方が、本人確認書類をご準備のうえ、ご来庁ください。

申請書の郵送は通知カードと一緒に郵送された返信用封筒をお使いください。

お手元にない方は、手書きで封筒に記入していただくか、こちらよりダウンロードしていただき、封筒にはりつけてお使いください。

返信用の封筒の切手の有効期限は切れていても使えます。

返送先は町役場ではなく、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)になります。

 郵送時にご不在の場合は、不在票が投函され、郵便局にて一定期間保管後、町役場に返戻されます。

(郵便物の転送手続きを行っている人には不在票は投函されず、郵便局での保管期間はありません。)

 

(2)スマートフォンなどを使ったWEB申請

スマートフォンやデジタルカメラで顔写真を撮影します。

スマートフォンの場合は通知カードに同封されている申請書のQRコードを読み取るか、こちらより申請用WEBサイトにアクセスします。必要事項を入力して顔写真のデータを添付し、送信します。(メールアドレスの登録が必要)

 

2.個人番号カードの交付通知書が届きます。

個人番号カードを町役場に取りに行きます。

申請された個人番号カードはJ-LISが作成後、町役場へ送られます。

カードが到着後、町役場から交付通知書を送ります。

交付通知書が届いたら、町役場へ個人番号カードを受け取りにお越しください。。個人番号カードを受け取る際は、交付通知書(ハガキ)、本人確認書類、通知カード及び住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)が必要になります。詳細は交付通知書(ハガキ)をご覧ください。

 

3.暗証番号の設定を行い、個人番号カードを受け取ります。

町役場で本人確認を行った後、個人番号カードに暗証番号を設定します。

入力が終わり、個人番号カードの記載内容を確認し、手続きはすべて終了です。

 

※引っ越しや婚姻などで、住所や氏名が変わる場合は、新しい住所や氏名を個人番号カードに記載しますので、届出時に必ず持参してください。

 

本人確認書類とは

(1)住民基本台帳カード・運転免許証・運転経歴証明書・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可証などのうち1点

(2)これらをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める2点

 (例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証など

 

マイナンバー制度に関するお問い合わせ等

マイナンバー総合フリーダイヤル

「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。

0120-95-0178(無料)

開設時間

平日:午前9時30分から午後10時

土日祝:午前9時30分から午後5時30分

年末年始12月29日から1月3日を除く

上記ダイヤルにつながらない場合、外国語の対応については、 「マイナンバー総合フリーダイヤルの開設について」 [378KB pdfファイル] をご覧ください。

マイナンバー制度に関する情報

マイナンバー制度に関する情報については、内閣官房のホームページ「マイナンバー社会保障・税番号制度」(新しいウィンドウで開きます。)でご覧いただけます。

 

この記事についてのお問い合わせ

町民生活課

 電話 0223-34-1113

 FAX   0223-34-6178