初期消火

火災は天井に火が燃えひろがらないうちは消火可能です。消火は身の安全を守るために、自らの脱出口を確保してから行いましょう。初期火災で、頼りになるのが消火器です。ぜひ、一家に一本備え、使い方を覚えておきましょう。

      

直ちに119番

「火事」ということを大声で叫び隣近所に助けを求め、直ちに119番通報をしましょう。通報の際は、あわてずに消防職員の問いかけに応えてください。 

 

すばやく避難

何よりも大切なものは人の命です。火災時には無理な消火をしようとせず、すばやく避難しましょう。特にお年よりや子供は避難することを最優先に考えましょう。