東日本大震災の津波被害を受けた吉田東部地区に整備を進めてきた防災公園が完成しました(一般解放は1月17日から)。公園内には、津波が来た際に一時的に避難することができるT.P.9メートルの避難丘を備えています。

今回整備が完了した防災公園は「大畑浜北防災公園」大畑浜南防災公園」「吉田浜防災公園」の3ヵ所です。また、現在荒浜地区にも避難丘を備えた防災公園の整備を進めています。

※T.P.:東京湾平均海面(±0)から地表面までの高さを表すものです。