8月30日(日曜日)午後2時から中央公民館大ホールで、亘理ウインドシンフォニー第18回定期演奏会が行われました。

 


▲亘理ウインドシンフォニーは平成5年に亘理中学校吹奏楽部の卒業生を中心に結成された一般の吹奏楽団です。当初は団員全員が高校生で、「亘理町を代表する吹奏楽団になる」のが目標でした。今では年齢層は10代から70代までと幅広く、亘理町はもちろん近隣市町村や仙台からも団員が集まってきています。

 


▲この日はお天気が悪く雨模様で来場者の出足が心配されましたが、午後1時30分の会場時間には亘理ウインドシンフォニー定期演奏会を楽しみにしていた大勢の方が並んでいました。

 

 
▲小さいお子さんを連れた親子、中高生の吹奏楽部の学生、そしてお年寄りまで幅広い年齢層の方がご来場。

 

 
▲亘理ウインドシンフォニーの演奏は、各世代に合わせた楽しい演奏や本格的なクラッシックなどの演奏で来場者を楽しませてくれます。今年の来場者はおよそ200人でした。

 


▲定期演奏会終了後記念撮影 合言葉はやっぱりここでも「はらこめしー」パチリ めんこい!!

(取材・文:京子ねぇさん)