位置・気候

亘理町は宮城県の南東部、仙台市から南へ26キロメートルほどのところにあります。

東に太平洋、西に阿武隈高地、北に阿武隈川が流れていて、冬は比較的あたたかく、夏は心地よい海風が暑さを和らげてくれる、とてもくらしやすいところです。

平均気温:11.8度、年間雨量:1117.0ミリ、[今のアメダス情報]

 

地勢

東に黒潮流れる太平洋、西に標高200メートル前後の阿武隈高地の丘陵地帯、北には阿武隈川が流れ、肥沃な土地が広がっています。

亘理町の面積は73.60平方キロメートルで、南北10キロメートル、東西7キロメートル。縦長の形をしており、中央部の水田地帯を住宅地が取り囲む緑豊かな田園都市です。

 

歴史

亘理は阿武隈川の南岸にあり、川を「渡る地」として「わたり」という地名になったといわれています。

江戸時代は、亘理伊達家の治世のもと城下町が築かれ、いまでもいたるところにその風情を見ることができます。

昭和30年(1955)2月に、亘理町・荒浜町・吉田村・逢隈村が合併して、現在の亘理町が誕生しました。

 

人口(平成27年度国勢調査)

33,589人(男:16,362人 女:17,227人) 11,334世帯

最新の住民基本台帳人口

 

アクセス

飛行機

  •  大阪(伊丹)-仙台(約1時間10分)
  • 名古屋(中部)-仙台(約1時間20分)
  • 小松-仙台(約1時間)
  • 千歳-仙台(1時間10分)
  • 沖縄-仙台(約2時間30分)

電車

  • 仙台-亘理(JR常磐線普通電車利用で29分)
  • 東京-仙台-亘理(JR東北新幹線利用で約2時間10分)
  • 八戸-仙台-亘理(JR東北新幹線利用で約1時間50分)
  • 仙台空港-名取-亘理(アクセス鉄道とJR常磐線利用で約30分)

自動車

仙台-亘理(仙台東部道路経由で)