北海道伊達市

昭和56年(1981)、北海道伊達市とふるさと姉妹都市を締結しました。

伊達市は、亘理領主伊達邦成(くにしげ)、家老常盤新九郎(ときわしんくろう)【後の田村顯充(あきまさ)】の指導で、亘理領の人びとが移住開拓した土地に建設された都市です。明治3年第1回の移住から明治14年第9回までに、2600余人が移住しました。(亘理町史より)