選挙権を有する方

 宮城海区漁業調整委員会委員漁業者または漁業従事者であること選挙において選挙権を有するのは、次の要件を満たす方です。

漁業者または漁業従事者であること

 「漁業者」とは自らの名で漁業を営業する者(法人を含む)で、「漁業従事者」とは漁業者と家族関係や雇用関係にあって、漁業者のために水産動植物の採捕または養殖に従事する者を指します。

町内に住所または事業所を有すること

 平成29年9月1日現在、亘理町に住所または事業所がある方は、亘理町の選挙人名簿への登録申請を行うことになります。

1年に90日以上,漁船を使用する漁業を営みまたはこれに従事すること

「1年に90日以上」とは、現実に沖に出た日だけでなく、漁具の手入れ等の準備作業,天候が悪くて海に出られなかった待機の日、さらに漁業者(経営者)にあっては資材の購入、漁獲物の販売等の営業行為も含む日数です。

 このことから、東日本大震災による漁船の流出等により出漁できない方々につきましては、漁業再開のための準備期間もこの日数に含まれますので、選挙人名簿登録申請の際にはご留意くださるようお願いします。 

年齢満18歳以上の方(法人は除く)

 平成11年12月6日までに生まれた方が対象となります。

 

選挙人名簿の登録申請

 海区漁業調整委員会委員選挙人名簿に登録されるためには、一般の選挙と異なり、有権者が申請書を選挙管理委員会に提出しなければなりません。

申請書の発送

 8月上旬に、現在の選挙人名簿に登録されている世帯主および法人あてに申請書を送付します。

申請書の提出

 郵送された申請書に必要事項を記載のうえ、平成29年9月1日から9月5日まで、選挙管理委員会又は荒浜地区交流センターに提出してください。

 また、新たに登録資格を有することになった方は、選挙管理委員会又は荒浜地区交流センターの提出先に備え置いてあるものを利用するか、  こちらの申請書(様式) [103KB pdfファイル] をダウンロードし、印刷してご利用ください。

 

選挙人名簿の縦覧

 選挙管理委員会は提出された申請書を元に、平成29年10月15日までに選挙人名簿を調製し、平成29年10月20日から平成29年11月3日までの間、縦覧に供します。