里芋の茎(ズイキ)などの食材を通して仙台雑煮を紹介宮城の「食」に関する学習を支援する食材王国みやぎ「伝え人(びと)」活用促進事業の親子料理教室が、逢隈地区にある働く婦人の家で11月19日に開かれました。
この事業は、次代を担う子どもたちを対象に、宮城県が食のプロを県内各地に派遣して実施しているものです。
当日は始めに、講師を務めた「みやぎの食を伝える会」の方が、焼きハゼや、ズイキと呼ばれる里芋の茎などの珍しい食材を紹介しながら、この日調理する仙台雑煮などの郷土料理に関する話題を通して、「親から子へ、そして子から孫へと、世代を越えて食文化を伝えていってほしい。」と思いを伝えました。
その後調理室に移動した参加者は、講話で紹介した食材や仙台セリなどすべて県内産の食材を使った仙台雑煮を調理し、続けて原材料に宮城県産の大豆ミヤギシロメを使用した豆腐と和グルミ(オニグルミ)などの純国産の食材を用いてニンジンの白あえを作ったほか、餅料理が50種類以上あるといわれる宮城では馴染みのある納豆餅ときなこ餅を、つきたての餅で作りました。
参加した野村ちい子さんは「良い食材でこそ出せる味があると分かった。親である自分がしっかり覚えることから始めようと思う。」と話しました。つきたての餅を取り分ける子どもたち