就任あいさつ

5月18日に執行されました亘理町長選挙におきまして、町民の皆さまのご信託をいただき、5月28日に亘理町長に就任いたしました。

本町のまちづくりは「協働」によるまちづくりです。主役である町民皆さまの思いを〝亘理の力〟とし、地域と積極的に連携を図り、元気あふれる町となるよう、誠心誠意 町政運営に臨んで参ります。

もとより微力ではございますが、これまでの経験を生かしながら、町民の皆さまからお寄せいただきました期待と信頼に応えるべく、新たな決意をもって、みんなが誇れる「新生亘理」を早期に実現し、「誰もが暮らしやすさを実感できるまちづくり」のため、一意専心、努力を重ね、全力を傾注して参る所存です。

今後とも格別のご支援とご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

亘理町長 齋藤 貞

 

暮らしやすさを実感する町へ

「亘理町震災復興計画」の実現

最優先に災害公営住宅など被災者の方々の住まいの確保を図ってまいります。学校教育では、本年8月に荒浜中学校・長瀞小学校の再校を目指します。

また、防災強化として避難道路の整備や危険区域の土地利用についても早急に進めます。

 

安心安全な生活が送れる環境整備

核家族化や単身世帯の増加など、現在家族形態が大きく変化してきています。

震災では「共助」の大切さを実感しました。子育て世帯から高齢者・独居世帯まで、地域の力、ご近所の力を結集した環境整備を進めます。  

 

産業振興と企業誘致の推進

亘理町には素晴らしい地場産業がたくさんあります。それらを拡充・拡大していくことが大切であり、それが地域のみなさんの元気に繋がると考えています。

また、仙台圏に通勤しやすい土地の利を活かした交通機関の充実に努め、企業誘致による地元産業の発展を目指します。

 

未来を育む教育環境の充実

保護者や地域の方々が共に協力して学校・先生との信頼関係を築き、子どもたちが伸び伸び学べる環境づくりをすることが大切です。 

その結果が良い指導者を育て、本町の子どもの学力向上や教育環境の充実に繋がります。

 

女性が輝く町へ

現在、日本では女性が活躍する社会が確立されつつあります。わが町も遅れをとらないよう女性の持つ共感性、協調性、繊細性、親和性、勤勉性、母性を尊重し、社会にもっと進出できる環境づくりに努めます。

 

観光振興を基幹産業に

山と海に囲まれた亘理町の観光産業を第3の基幹産業にしたいと考えています。

はじめに、町民のみなさんには亘理町は素晴らしいところだと気付いてほしいと思います。

わが町は、資源が豊富で素晴らしい町であることを町外に発信することで、それが他地域の方々や観光振興にも繋がると考えます。

歴史的・景観的・地形的に良いところを私からも示しながら、各種事業を展開したいと思います。