それぞれの個性と能力が発揮され、

いきいきと暮らせる

社会の実現を目指しましょう!

   

この計画を基に、町民の皆様や事業者のみなさんと一緒に考え、男女共同参画社会の実現に向けた施策を進めます。

 

基本的な考え方

 
計画の趣旨

男女が社会の対等な構成員として、互いにその人権を尊重しつつ、喜びも責任も分かち合い、性別にかかわりなく家庭・学校・地域・職場など積極的に参画し、それぞれの個性と能力が発揮され、いきいきと暮らせる社会の実現を目指すため、今後引き続き取り組むべき課題や新たな課題に対応するため、「亘理町男女共同参画基本計画(第2次).pdf [1188KB pdfファイル] 」を平成28年3月に策定しました。

 

計画の位置づけ 

 この計画は、

    1. 男女共同参画社会基本法第14条第3項に基づき、亘理町における男女共同参画社会の形成促進に関する総合的な施策推進の指針です。        
    2. 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(以下「DV防止法」)に基づく市町村基本計画として位置付けます。DV防止法に基づく基本計画の策定は、各市町村において努力義務とされており、本町では本計画にDV防止法に基づく基本計画に係る取り組みを包含しています。       
    3. 「女性活躍推進法」第6条に規程されている市町村推進計画の役割を担います。
    4. 「第5次亘理町総合発展計画」の部門計画です。
    5. 亘理町における他部門の計画との整合性を図るとともに、調査結果や町民の意見を尊重して策定するものです。
    6. 国・県の男女共同参画基本計画を勘案し、亘理町における男女共同参画社会の形成促進に関する施策についての基本的な計画です。
    7. 町民、町民グループ、関係団体等との連携のもとに推進します。

 

計画の期間 

平成28年度から平成32年度までの5年間とします。これは第5次亘理町総合発展計画の前期間と合わせるものです。

 

基本理念 
    1. 男女の人権尊重
    2. 地域社会における制度または慣行についての配慮
    3. 政策等の立案及び決定への共同参画
    4. 家庭生活における活動と他の活動の両立
    5. 国際的協調

 

基本目標 
    1. 男女共同参画社会へ向けた意識改革
    2. あらゆる分野への男女共同参画の推進
    3. 多様な生活スタイルを支える条件整備
    4. 新しい生活文化の創造と地域づくり

 

計画推進にあたって
 
町民と行政の連携

さまざまな機会をとらえて、意識の啓発・醸成を図ります。

町の推進体制

この計画の推進状況を調査・検証し、町が取り組むべき施策の推進方法等について広く意見を求め、町民と行政が協働で施策を推進するため、亘理町男女共同参画推進委員会の機能を強化します。

男女共同参画宣言・条例の制定

この計画を推進し、町民の男女共同参画社会実現に対する機運を高めるため、社会・経済情勢を見据えながら、宣言や条例制定のための検討を行います。